スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26日のこと

2009/03/03 14:31
「スーザンを探して」2回目の26日は久しぶりの真琴スーザンの日でした。 
あまりにも印象深かったので、記事にしました。

クリエを出た私の眼に衝撃的な光景が!!
出待ち
全員お揃いのピンク(!)のパーカーを着たマダムがずら~っと道路を1本へだてたところにならんでる(@Д@;)ポカーン
一瞬自分がさっきまでなにを観ていたのか忘れてしまったくらいびっくりした;
ホントはもっといたけど、画面に入りきらなかった。

我にかえったあとは「これが宝塚の出待ちか~」とじっくり観察させていただきました(笑) よく見るとこのパーカーの袖のところには筆記体のローマ字で真琴さんのお名前が入ってました。
雨が降っていて皆さん合羽を着ていたり、傘をさしていたり・・・・・・。

今日が卒業式というのもあって、宝塚スターに憧れる気持ちって、私たちが部活の先輩に憧れるようなものなんだろうな、と勝手に想像してみたりもして。



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Re: no subject

>じいさま
なにしろ久しぶりの観劇だったもので、ヘンなスイッチが入ってしまったようです(^皿^;)
ヅカファンの方って他のファンの方となにか違いますよね。やっぱり、相手が女性だからでしょうか・・・。私、『私生活』の開場待ちのときに「チケット余ってませんか?」と聞かれたことがあります。

前回のコメントありがとうございましたm(^^)m
お返事遅くなって申し訳ありませんでした。。。



no subject

スーザン、楽しまれているようですね~i-179
観劇記を読んで「なるほどな~」と…
ありがとうございます。

出待ち、私も最初に見た時はただただ凄いと遠巻きに見るだけで(笑)
いろいろな“内部ルール”があるとか。
でも、本場の大劇場と東京の方は雰囲気が違う感じ。
本場の事情を知る友人も、この光景に恐れおののいてましたi-229



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。