スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロムモリブデン『裸の女を持つ男』@シアタートラム

2011/04/17 16:55
モーテルが舞台。
久しぶりにセットにちゃんとお金かかってる(ように見えるだけかも、だけど)ヤツ観た。

ちょっと前の芸能人の薬物事件を下敷きにしたコメディー。
ストーリーよりも役者のテンションとスピード感で観る感じ。

場内がかなり暑くなるので、これから観る方は服装をその辺考慮したものにすると良いと思います。


↓ここからネタバレあるよ~↓

ざっくりまとめると、クスリやら殺人やらなにやら他人に知られちゃ困ることのあるヤツらの話。
どんどんハイテンションになって、さぁこれから! ってなる所で終わってしまう。
けどハイテンションすぎて、観終わった直後はそれに気付かない。

よく考えたら矛盾してたり、心情の変化が急すぎたりするんだけども、(ぽけ~っと観ていたのもあるけど)気にならなかった。

こういうの観るとつくづく、役者力ってあるよなぁ と思ってしまう。あと、間ね。

メッセージは、マスゴミだのなんだの批判したって、結局は需要があるからなんだよ。的なものだと私は見た。
だけど、「役者すげー」以外は何も残らない。もう、細かいとことか忘れてるもの。…良い意味で言ってます; 多分メッセージを伝えるのがメインて訳じゃないだろうし。

車に乗ってるのを表すためのハンドルの小道具とマイム、音楽にのせた場面転換が凄い好みでした。
今回、特別感動したわけじゃないんだけど何故か「やばい、超好き!!」ってなる作品を観せてくれそうな気がする。次公演も観てみようかしら…



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。