スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花ざかりのオレたちです。『三五大切』@王子小劇場

2010/03/31 22:48
今日はマチソワ。
昼間観たぬいぐるみハンター『モグラの生態』@参宮橋TRANCE MISSIONは可もなく不可もなく、どちらかといったら不可になるかも・・・。
タイトルの『三五大切』観たらどーでもよくなりました。

ひさしぶりに「うぉー! 凄ぇぞ!!」 と。シビレました。

では公演HPより↓
女の欺瞞に引っかかり、復讐の鬼と成る源五兵衛。父親孝行のために金を作ろうとする小万と三五郎。
幕末の底辺に生きる人間達の凄まじい愛憎劇を鋭い切り口で範宙遊泳の山本卓卓がかわいく描く!

原作は鶴屋南北の『盟三五大切』。

格闘技のリングを思わせるセット(ロープはゴムひも)に全員スポーツウェア。なのに時代劇。そして毎回配役をシャッフル。
これだけだと「大丈夫か?」て不安になりますが、完璧に成立してます。
というか役者力が半端ない! 入場してウォーミングアップ的な動きしてる時点で、「絶対にコレ面白い!」ていうのがびしびし伝わってくる。 違う配役の日にも観たかったけど残念ながら今日が楽日。

しかも、
1987,8年生まれの「最強の学生演劇人」たちによる「最強の学生演劇」がしたいという強い想いで佐賀と大橋により企画・発足された『演劇天下一武闘会』のような企画。それぞれ違う大学で違う演劇を学んできた俳優たちが学生として本当に最後の公演を行う。
のらりくらりと思い出作りのような演劇している学生どもの尻を叩き、学生演劇の質の向上と、地位の獲得を狙う。加えて、今小劇場界を一線で盛り上げている素晴らしき先輩方に、若き脅威の参上と、期待を抱いてもらうべく愛の下剋上をつきつける。
立ち上がれ学生。死にたいぐらいに生きるのだ。

だなんてめちゃめちゃハードルを上げておきながら軽々それを飛び越えていて・・・・・・超格好良い。

花ざかりのオレたちです。HP



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。