スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地点『あたしちゃん、行く先を言って―太田省吾全テクストより―』@吉祥寺シアター

2010/01/31 20:21
いつもチラシを見て何を観にいくか決めてます。大体ハズレません、それなりに面白いです。
が、「凄ぇ! スゲー!!!」ってなるのはそれ以外の理由(安かったとか・・・;)で決めたときが多いんですよね。
なので今日は感動を求めて、チラシ束の中で1番先に捨てようと思ったチラシの作品を観にいきました。

太田省吾さんという方がどんな方なのかも調べずに観劇。無言劇というジャンルを確立された方だそうです。

↓ここから、内容&感想
コンクリのブロックを並べてあるだけのセット。
でてくる6人(男女3人ずつ)は全員コンクリ色の衣装。

テレビがふたつ吊されていて、淋しい感じの風景とせりふの1部がずーっと映ってました。


ひたすら動きながらしゃべる、のではなくてせりふを声に出しているだけ。
せりふに意味を持たせているのか、いないのか解らない(多分ない)。
ストーリーなし。全体的に静か。

ひとことで言うとわけわからんです。
なのに全く眠くなるどころか、めちゃくちゃ集中。役者さんたちがもの凄くハイレベルでした。
おっそろしく遅く歩いたり(しかも中腰で!)、4つ足で走ったり。でも、動き以上に存在感がハンパない。

予備知識ゼロで観たから実際、何を目的として作られたかはわかんないんだけど。
役者の一挙手一投足(声を出すことも含めて)をみせたいのかな、と私は思いました。


何を目的として作られたのか、わかるかもしれないと思って演出の三浦さんの本を買ってみました。




Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。