スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱庭円舞曲 『世にも美しいお世辞』@OFF・OFFシアター

2009/09/21 20:15
いや~昨日のうちはアドレナリン出まくってて大丈夫だったんですけど、今朝はもう起きたときから疲労がピークがっくり
でも、行っちゃいました; 

とある美容室で7年ぶりに戻ってきた異常なほど完璧主義な美容師、売上を伸ばしたい店長、ド天然のアシスタント、技術よりも口説くことで客を獲得している美容師、その場しのぎだけでやってきたと豪語するオーナー・・・・達のストーリー。

感想
他人の数だけ正しいと悪い、ダサいとカッコいいがあるんですよね・・・。自分の基準は自分だけのものだってわかっているつもりでも、結局はそれが全てになってしまう。
髪型にしたって、もしかしたらもっと可愛くて似合うのがあるのかもしれないけど、今のところ自分で研究して出したベストだから、簡単に「お任せします」とは言えないし似合わないって言われりゃムッとする。
自分も適当にお世辞言って、それなりに要領よく、したたかタイプでありたいと思ってるけど、結局は正しさだと思って自己満足を押し付けてるわけで・・・直接言わなくても態度に出さなくても、結局期待しちゃうからガッカリしたり疲れたりするかお
あーこりゃ、当分自己嫌悪だわww


演出が『ヘッダ・ガブラー』のひとで、場面転換のやりかたが同じでした。
あと、その時に重要な役だったのに微妙だった人が異常な完璧主義な美容師役(重要)をやってました。そのことを彼が登場した瞬間に気付いて「あぁ、ハズレだ~」と一瞬思ってしまいましたけど杞憂でした。凄く面白かったです。明日までです。
あ、でも登場人物の名前の漢字がやたらと難しくて漫画みたいだったのはヤダ。




Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。