スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後遺症

2009/08/12 21:17
BBから、なかなか抜け出せません。なんかモヤ~ンとまとわりつかれてるみたいです汗とか
どこをどういうふうにレイとウーナは間違えたんだろう、と考えちゃうんですよね。
お互い成長のしかたがアンバランスで、そのデコボコが上手くかみ合っていたからあんな風になっちゃたんだろうけど・・・。
あのラストの後、きっとウーナはそのまま帰ったりはしなかったと思います。服と髪をちゃんとして、レイたちと合流してにこやかにご飯を食べると思う。レイが望まないから、15年前にあったことを直接は話さないけど、自分たちの関係は特別(特殊)なんだって雰囲気は奥さんと特に義理の娘に感じて欲しいだろうし。

そして、また何年後かに突然レイの前に現れて同じようなことを繰り返すんじゃはないでしょうか。あの時の記憶だけじゃなくて、今の生活のいろいろで溜まっていくストレスの発散場所がレイ。
特別な関係だから、絶対に切れない縁だから、それをやってもいいんだ。っていう気持ちがどこかにあるんだと思います。
レイも、もうウーナのことを愛してないけどまったく忘れているわけじゃないし、嫌がったり怖がったりしながらも現状報告みたいに思えるようになっていくんじゃないかな。。。

やっぱり、最終的に救いを求めてしまうあたり、私は甘いのかもしれないけど観るひとによって感じかたが何通りもある舞台だから、これで良いことにしときます。



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

>ジンコ様
自分の経験を膨らませてとらえる。
その通りだと思いました。だから、何においても経験値の無い自分にとってBBはさらに難しい(というより真っ暗闇)のように感じられたのかもしれません。

私もお話できて、とっても楽しかったです。



遊びにきました♪

たらさん、こんにちは♪
そしてはじめてここにお邪魔します。

BBの解釈、ほんとうに人それぞれですね。
今、東京楽からしばらくして、私がおもっているのは、
自分の恋愛経験や親子の関係など、それをもとに想像を膨らませて、私たちは演劇もドラマもとらえることが多いとおもうんですが、
このBBは、
その範疇だけではとらえられない、
人間の深い心の闇、のようなものがあるような気がして、
だからこそ不可解、
だからこそ不思議な魅力があるのかなあ、ということです。

あらあら、初めてなのに長話。
失礼しました~v-206

東京ではお話できて楽しかったです♪




Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。