スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLACK BIRD 2回目 8/8ソワレ

2009/08/09 19:04
すごく進化してました! ウーナの喋り方がまったく変わっていて、気持ちが解りやすくなってたし、レイの壊れっぷりも。
レイがウーナに椅子を振り上げるシーンでは、レイの立ち位置が変わって(少しウーナから離れてました)たので思いっきり「ウアワ~~」とやってました。最後に出て行くレイを止めようとして突き飛ばされたウーナが倒れるところでは勢いあまって、舞台上にまき散らされたゴミがもう少しで客席に落ちそうになってました。
子役は前回の黒沢ともよちゃんのほうが、良かったです。今日の井越有紗ちゃんよりも眼が女なんです。
カテコでも、内野さん・伊藤さんではなくてレイ・ウーナでした。2回目にでてきたときもそのままで、伊藤さんがちょっとゴミにつまづいて、手をさしだした瞬間にやっと戻った感じだったし。

ここからネタバレを含む感想です。

ウーナは12歳のままで止まっている、というよりも一応の知識を身に付けて頭でっかちになってしまっている様にみえました。だから、レイの言葉には一応「そんなこと言ったって騙されないわよ!」という態度をとるけど、結局はあの時のままでレイが好きだからレイに倣う(ゴミまき散らすとことか)。

「あの時、12歳の体いがいに、私があなたにあげられるものがあった?」ってウーナは聞くけれど、レイもそれしか出来なかったんじゃないかな・・・・・・
人目につくからデートなんかできないし、12歳と40歳では共通の話題なんてないだろうし、そうしたら他にすることは何か。子供扱いされることを嫌がる彼女に、大人になるまで待つ。なんて言って嫌われたくなかっただろうし。
それは大人としてやらなければいけないことだったんだけど、同じ状況に置かれてみなければそれが出来るかどうかはわからないし・・・。
それと、やっぱりレイは幼児性愛者だとは思えなかったです。

「パパとママは私を罰するために引っ越さなかったの」とウーナは言ったけど、彼女は「引っ越したい」って言わなかったんだろうか? 両親のせいにしてるけど、あの時のことを忘れたくなかったから引っ越したくなかったんじゃないかな。このあたり、イロイロとまわりのせいにするレイと似たもの同士なのかもね。

ウーナは今でもレイしか見てないんじゃないだろうか? クリネックスを探すにしたって、あんなに必死なのはレイにくしゃみする顔を見せたくないから―

下手でのふたりの絡みの前にレイがウーナの髪をなでるところ、レイの顔が・・・気色悪い。なんて言えばいいのか解らないけど、ウーナが今の自分でも大丈夫なのか緊張しているのにひとりだけさっさとあの時に戻ってしまっているから、なのかも。

今日はふたりの表情を細かく観たくて、オペラグラスを使いまくってたんですけど・・・そうすると片方しか観られないんですよね; やっぱり喋っている方を観てしまったので、相手のリアクションまで気がまわりませんでした。とくにレイが「君のことで頭がいっぱいだった。どうすれば君と話が出来るか、そればかり考えていた~」と告白する場面でのウーナの表情を観なかったのは惜しい・・・。これって普通に言われたら、すごくうれしい言葉じゃないですか。だからこそどういう反応をするのか観たかったのに。
明日(もう今日だ;)はそのあたりに気をつけながら、観ようと思います。



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。