スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夏の夜の夢』@新国立劇場 中劇場

2009/06/06 21:16
驚いたことに、土曜の昼公演にも関わらずガラガラでした・・・; 1階席の後ろ3分の1と2階席のほとんどが空席びっくり なんでだろ?

原作を読んでから観たので読んだときに感じたことと、観て感じたことが大分違ってました。「読むと悲劇、観ると喜劇」という感じ。
大好きなひとに「お前(あなた)なんか大っ嫌い! 顔も見たくない、あっちへ行け!!」なんて言われたときの気持ちを想像しながら読んでいると確実に悲劇涙のように思えたけれど、いざ観てみると馬鹿ばかしいことこの上ないjumee☆ohwell2L ただの痴話げんか。ロミオとジュリエットの年齢を考えてみれば、ハーミアたちもきっと14・5歳。(私の言えたことじゃないけれど;)けっこう子供っぽい(笑)

ハーミア役の宮さん目当てで行ったんですけど、後半はパックばっかり追いかけて見てました(^^;) オーベロン(妖精の王@村井さん)の命でいろいろやったのに、王のお気に入りはお小姓に変わっちゃうし、普通の妖精じゃないからハッピーエンドの輪には入れないし・・・で淋しそうにしているのが気になって、気になって。
結婚式でペアを変えながら踊るシーンでは、ついベガーズのエンディングがだぶってしまいました汗とか 「イギリス人はこういうのが好きなのかな~」なんて考えながら観てました。

ひとつだけ気になったのは、この間の講義の時に「シェークスピアのセリフは、観客にその場面を想像させるような言い方をしなければいけない。感情的によみすぎると場面が浮かんでこない」とケアード氏が言っていたのに、結構早口だったりして、全部聞きとれなかったこと。ただ景色を説明しているだけなので、聞こえなくても問題なく観られるんですけど「ちょっと、言ってたことと違うんじゃない?顔文字」と思ってしまいました。

これはすごーく個人的な意見なんですけど、パック役のチョウ・ソンハさん、なんだか雰囲気が内野さんっぽいんですハート この間の講義で実演してみせてくれたときもそう思ったんですけど。もしかして私だけ? 誰か観た方で、「私もそう思う!」ってひと居ないかしら・・・。



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。