スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランディ? 倉石さん?その2

2009/05/23 02:26
思ったよりも怒られませんでした絵文字名を入力してください というよりも小言の合間にいかに内野さんが格好良かったかを力説していたので、途中で諦めたみたい(^皿^;)
逃げだしたオトンに代わって、オカンに語っている間に日付が変わってしまったわww
予報が外れて、雨も降らなかったしね! 私は晴れ男な内野さんを信じて(?)あえて傘を持って行きませんでした(笑)
ではレポ、スタート!(時間を追っていきます)

開演は10分くらい遅れてました。それでもって2部構成でした。
私の席は真ん中よりもちょっと後ろよりで、ちょうど一段高くなったところの1列目でした。座席は全席パイプ椅子で、ただ並べてあるだけだったので下手に前よりな席よりは見やすかったですグー!
眼鏡をバッチリかけて(普段は裸眼だけど、あまり視力はよくないのです)、最初のほうは「いつ出てくるんだろうd」という緊張感があったんだけど、1部の中盤から疲れが出はじめ・・・眠気との戦いでした汗とか イメージしていたライブ「全員ロックな服装で、こぶしを突き上げながら激しくヘドバン」ではなく、わりと静かな感じだったのも原因のひとつ? とりあえずベースの方のノリかたが面白かったのでそこだけ見てました; なんかね、首の動かし方が・・・。
そうしている内に1部終了。ここまでの感想は「やっぱり、オケピor生演奏つきの舞台って贅沢なんだな」と「生の音だと大きな音でも頭が痛くならないな~」のふたつ。

休憩時間に先輩魔女様にご挨拶。お話させて頂いたので、アッという間に終了。楽しかったです(^^)
舞台上にライトがついたので慌てて席へ~

すると・・・
タラララ~ン タラララ~ン 私の体は虚しさで 一杯~♪ 歌いながら、内野さん登場ビックリ
誰か、ものすごくキャーキャー言ってるなと思ったら、なんと自分! どうしても止められなかったので、ずっと指を噛んでました・・・・。 松さんのパートは和太鼓の方(お名前忘れてしまいました;)が担当。大分CDとは違うアレンジでした。
衣装はデニム(?)で細い赤(ちょっとかすれたような色)のパンツにメタ・マクTシャツ、ジャケット。脚がすっごく長かった~絵文字名を入力してください
岡崎さんから紹介を受けて『どうも、ウッチーです!』と自己紹介。それからトークショーへ~
※話の順序は多分、バラバラです緑字が岡崎さん、赤字が内野さんです。
岡崎さんが内野さんに抱いていたイメージは『細身で繊細なひと』だそうで、内野さんはテレビではそういう役が多かったからね。(客席に向かって)知ってる?』とか『俺は繊細ですよ~(笑)』とか相の手を入れてました。
それから話題は『臨場』へ~
今回のライブ出演が決まったのは『臨場』よりも前のことだそうで、岡崎さんの『(臨場が)決まってたら、OKだした?』という難しい質問には『も、もちろんですよ汗とかと答えられてました。そして『臨場から内野さんを見始めたひとたちはきっと、「内野さんてこういうひとなんだろうな」って思う訳だよね?』という呟きに『えぇっ、あんなヤツいないでしょう。僕はドラマっていうのは「もしもシリーズ」みたいなもんだと思ってますから。実際にはあんな検死官はいませんよ』と答えて多分、もしもシリーズのテーマと思われる曲(私、知らないんです;)を口ずさんでました。
それからまた、メタ・マクの裏話へ~
なんでもブロードウェーのような先に曲を作ってライブをして、お客さんに気にいってもらってから舞台に、というスタイルでやろう。という話からあのシークレットライブ(『全然、シークレットじゃなかったけどね』っていう話もありました)が実現したそうです。 行きたかったな~えっ
内野さんは大分ボイトレに通われたそうで、『ライブの一か月前から、仕事入れなかったんだよ』『いやいや、なかっただけですって』というやりとりも。
その教室はかなり熱血系だったらしく、壁に頑張ろう!やら下剋上やら書いた紙が貼ってあったそうです。ある日岡崎さんがそこを訪れたところ、なんと若い者には負けないぞ 内野と書いた紙が貼ってあったそうです(笑) それだけではなく、デーモン閣下にシャウトのやり方を教わりに行ったそうで、『シャウトのやり方を聞かれたのは初めてだな・・・』と閣下のモノマネ披露びっくり
ブラックバードの宣伝もありました。内野さん、めちゃめちゃ良い発音で・・・ww バードのRを強調してました。『(チラシの写真を指して)これ、君?』と聞かれて『なんか、エロいでしょ?』を連発。
あっ、そうだ。。。『トークショーって初めて? やればいいのに』『俺、トークショーとか苦手だもん』っていうやりとりもありました。

と、トークショー自体はなかなかスムーズだったと思うのですが。。。
話しながら内野さん、しょっちゅうお水を飲んでしきりにタオルで汗をふくんですよ。で、ペットボトルのフタを開けたまま床に置いたり、飲んだり・・・
「お願いだから、フタ閉めて~」とハラハラしていたら、2曲目の準備(カウボーイハットをかぶる)で舞台の後ろのほうに行ったとたん、やっぱり倒してしまいましたsn でも、ちょっとオロオロしてる内野さんが見られたからかえって良かったですハート(赤)
きになる2曲目は『彼女のブーツは××の匂い!』と内野さんが発表。彼女じゃなくて、あの娘だよ~(笑)
まさかの選曲!! 歌うなら『リンスは~』だと思ってたので・・・。『全く違うテイストになってます』との説明通り、あんな歌詞(失礼!)なのにとても爽やかBrilliant.
歌い終わるとすぐに、そでへ。『ウッチーのお客さんが帰っちゃうと困るので、またあとで出ます』とのこと。

また、眠気との戦い。 書いている今も眠くなってきました; が! 書きあげてから寝ます!!

『お待たせしました。内野聖陽さんです』と呼ばれて再登場! なんと!ジャケットが検死官の制服に!!! 『おそいじゃないか~!』『倉石義男、45歳!』と、完璧になりきってましたハート(赤)
『僕が内野さんに初めて書いた曲で・・・』『そうだったっけ? 倉石義男を演じている内野ナニガシに書いてくださった曲をその内野ナニガシになり代わって歌います』と前置きがあって
制服をバッと脱ぎ捨て・・・Tシャツの袖が切ってあって、肩まで見えてる・・・・!!絵文字名を入力してください
『スコーピオン・ハート~俺の心はサソリで一杯~!』 サソリで~の所は腰ふり付きハート
イントロで『立ちたいひとは立っちゃって!』と。もちろんすぐに立ち上がりました。もう、ノリノリです炎 2番に入る前にはベースの方の側に行ってピョンピョン跳ねてました。コブラ・ハート!では客席にマイクを向けてコールも。
一回くらい、こっちの方を向いた気がするハート(赤)

歌い終わると、全員あっさりとそでへ。拍手は続いていたけれど会場を出ようとした瞬間、また皆さんが舞台上に。もちろん内野さんもheart03 全員で手をつないでお辞儀をして、そでに入る直前で顔の汗の拭った両手を投げキスの容量で客席に。。。前の方だったひとが羨ましいkao06

いかがでしょうか? まだまだ書けてない気がするけど、今日はもう諦めて寝ます。でも、眠れないかも~d



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。