スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三文オペラ リピート

2009/04/29 23:10
してきました。

行って良かった~kao06 メッキー(@三上さん)がほんとに凄かった!
2回目だったからか、ビッグ・イシューのくだり以外は気になりませんでした。歌詞も、1度目に比べればとても聞きやすかったし(オペラグラスで口元がちゃんと見られたってのもあるかな?)。
自分でもびっくりするぐらい、スンナリ入ってきたから、やっぱり、宮本亜門さんって凄い方なのかも・・・kao05
でもね、全員が全員リピートする訳じゃないし、少ないお金を遣り繰りして観に来るひとも沢山いるんだから、一発で納得&感動できる演出をして下さい。これはかなり切実です(泣)
去年「どん底」観たときも思ったけど、コクーンシアターは音響悪いです。劇場なんだからもうちょっとなんとかして~怒

以下、レポートです↓
今日は東京千秋楽だったので、2度目のカテコにくす玉登場クラッカー 米美さんがそれを割ったあと、三上さんがマイクを持って衣装デザインなどの裏方業の方々を紹介。「演出、宮本亜門」の紹介のあと、客席からの「亜門! 亜門!」のコールに応えて舞台に上がり、三上さんと固く抱擁。そして恥ずかしかったのかすぐに袖にはいってしまわれました。
三上さんが感極まって泣いていらっしゃたのには、クールなイメージだったので少々びっくりびっくりしました。でも訳詞も担当されてたから、相当思い入れの強い作品なんだろうなぁ・・・と。

「本日の公演は終了致しました」というアナウンスが流れても、拍手は続き・・・何回、幕が上がったんだろう? あんなにテンションの高い、客席は初めてだったわ。

メッキーが吊るされる場面でフッと浮かんだんだけど
『メッキー=人間の悪い部分の集合』で、縛り首という判決はそれを否定しているけれど、どんでん返しで(観客の願いを汲んで)恩赦になったってことは、人間は悪い部分を捨てきれないし、そこに魅力を感じてしまう。
のではないしょうか・・・?

あくまでも個人的な感想なんですけど、ものすごく自分でも納得できたんで。

=追記=
25日の感想でジェニー訳の秋山菜津子さんと、ピーチャム婦人役の松田美由紀さんが逆になってたので訂正しました; 



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。