スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年 観劇まとめ

2009/12/27 20:35
今年1年で観たお芝居絵文字名を入力してください

2月 『スーザンを探して』@シアタークリエ ×2

4月 劇団四季『CATS』@キャッツシアター(五反田)
   『三文オペラ』@シアターコクーン

6月 『夏の夜の夢』@新国立劇場

7月 『ヘッダ・ガブラー』@赤坂REDシアター
   ひょっとこ乱舞『旅がはてしない』@東京芸術劇場小ホール ×3
   『オペラ・ド・マランドロ』@東京芸術劇場中ホール

8月 『BLACK BIRD』@世田谷パブリックシアター ×3
   『この世の終わりの美しい窓』@タイニイアリス
   角角ストロガのフ・犬と串・elePHANTMoon『レストラン・ル・デコ』@ギャラリー・ル・デコ

9月 柿喰う客『悪趣味』@シアタートラム
   『中国の不思議な役人』@PARCO劇場
   ひょっとこ乱舞 リーディングパフォーマンス@中之沢美術館
   箱庭円舞曲『世にも美しいお世辞』@下北沢OFF・OFFシアター

10月 ハイバイ『て』@東京芸術劇場小ホール
   『組曲虐殺』@天王洲銀が劇場
   『翻案劇「サロメ」』@グローブ座
   五反田団『生きてるものはいないのか』@東京芸術劇場小ホール

11月 五反田団『生きてるものか』@東京芸術劇場小ホール
   山の手事情社『お茶とおんな』@楽園
KAKUTA『甘い丘』@シアタートラム
   ひょっとこ乱舞・shelf『東京舞台LIVE版 Dプログラム』@東京芸術劇場中ホール

12月 ひょっとこ乱舞『モンキー・チョップ・ブルックナー!!』@シアタートラム ×3
   柿喰う客『すこやか息子』@王子小劇場

全部で24本、リピートを含めて劇場に行った回数は31回・・・・。自分でビックリびっくり 今年は小劇場の魅力に目覚めて、後半はほとんど商業演劇・大劇場には行かなかったなぁ。
あらためて観劇のキッカケになった内野さんに大感謝ハート 今度の舞台はいつになるのかわからないけど、トラムくらいの大きさのところでBB以上にどうしようもないキャラクターをやっている内野さんが観たいです。
   
せっかくなので、続きにて個人的BEST3を発表~♪
[2009年 観劇まとめ]の続きを読む
スポンサーサイト

柿喰う客『すこやか息子』@王子小劇場

2009/12/26 18:45
「演劇を有酸素運動と捉え、演じれば演じるほど健康になっていくスポーツ演劇」と名うっての番外公演。
40分と短い時間ですが、ひとりの男性の一生をひたすらエアロビクスダンスをしつつ、終始笑顔で・・・・・・

家族をひとつのフォーメーションとして、息子・パパ・ママ・姉さんなどの呼び方はそのなかのポジションだというセリフに感動。


アフタートークは主宰・作・演出さんと出演者ひとり、で「スポーツ演劇」とはなんぞや、というお話。お芝居よりもこっちのほうが面白かった。
「演劇をやることによって幸せになれるのか」という疑問をつきつめていったところ、こういう形になったんだそうです。
激しく納得。そして自分の運動不足を痛感。 うん、明日から走ろう。

2009年 観劇納め

2009/12/26 09:09
今日は、ついに今年最後の観劇です(たぶん)
なんと妹も一緒です!

しかし、部活があります(泣) なんとか間に合うよーに抜け出すつもりです。がんばります。

モンキー・チョップ・ブルックナー!! 3回目

2009/12/23 23:05
今日が楽日でした。
「お前、何回観るんだよ~」とあきれる妹をムリヤリひきずってトラムへ。
やっぱり面白かったグー!  妹いわく「良くわかんないけど、面白かった」そうです。そのわかんないとこのわからなさ具合が私のツボなんです。

次回は来年の6月だそうで、大変楽しみです。

そうそう黒色綺譚カナリア派の主宰・演出の赤澤ムックさん、第七劇場主宰・演出の鳴海康平さん、俳優の渡部豪太(漢字あってるかな?)さんを見かけました。


アジア舞台芸術祭 おまけDVD

2009/12/21 18:13
を、見ました。

1団体につき5分程度、紹介と過去作品の一部が収録されてました。
わかりにくいです、かなり。作品をみせるんだか劇団(主宰者)のスタンスをみせるんだかハッキリしてないところばっか。
こういうアピールをやってたのはハイバイ、ひょっとこ乱舞、中野成樹+フランケンズだけ。

この催しは「東京で活躍する劇団・ダンスカンパニーを紹介します」っていうやつだからしょうがないのかもしれないけど・・・
前衛的っていうのかわかんないけど、ダンスっつうか動きで表現します。とか伝統的なもの(歌舞伎とか日舞とか)を取り入れてます。っていう団体が多い気がする。このDVDを見るかぎりでは、似てるな~っていうのもあるし。
富士山アネットとニブロール(どっちもダンス系)はどう違うかわかんないし、花伝シアターカンパニーとOrt-d.dと第七劇場(日本の古典系?)なんて同じことやってるようにしか見えない。

私はしゃべる演劇が好きだから、ちょっと↑こういうのは分からない。。。
もうちょっと、いわゆる演劇をやる団体が沢山収録されてればよかったなーと思ってしまうのでした。

モンキー・チョップ・ブルックナー!! 2回目 アフタートーク付

2009/12/19 21:30
面白かった~!!矢印 一緒に行った友人(お芝居初体験)にも「面白かった、他の劇団も観てみようかな」て言ってもらえたしニヤニヤ
昨日入り込めなかった部分も、全く気にならず。怪我による演出変更も問題ナシ。さらに変更が加わってましたが、なお良し!!
やっぱり開演前には演出さんから、出演者の怪我による変更について説明あり。客席は対面式。

ストーリーは

ハウスシェアをしている3人、小田ユキヒト・星野カズユキ・仁村ヒトミのところに「監禁されていた」女、三谷クミコがやってきて、小田に「私を守ってください!」と頼む。頼まれた小田は彼女を自分の部屋で生活させることにする。守るために部屋から出さずに・・・・・・
これって監禁じゃないの!?

てな感じです。

タイトルと内容は関係なかったです。あと、当日パンフレットには「一人の監禁男とそれを巡る人達、そして、スポーツのお話です」とあったんですが、あんまりスポーツっぽくはなかった気がする。。。
ちなみに三谷は3人で演じていて、ひとりずつでやったり3人いっぺんに喋ったり・・・


ここからかなーりのネタバレを含む感想になってます。

ひとつだけ不満を言うと、星野のバイト先の店長夫婦の離婚の危機のクダリがでてきたけれど、なくても良かった気がする汗;;

クライマックス(?)というか見城(前に三谷を監禁してた男)と小田の電話でのやりとりの場面が凄いです。昨日と反対側の席で観たので、それぞれ片方の表情に注目できました。
ついつい小田(チョウさんが演じてるので)のほうに目がいきがちなんですけど、個人的には見城のイッっちゃてる雰囲気のほうが怖いです。
このシーンはなんかもうほんとうに鳥肌ものです。

↑の電話を受けて、小田は三谷を檻に閉じ込めます。
この檻を小道具(?)の小さいテーブルをひっくり返して重ねてつくっていたんですが、今日は何回もそれが崩れちゃって、そのたびに直していたのが逆に必死な感じに見えて良かったです。

星野と仁村が小田ののめり込みっぷりを心配して三谷に出て行くよう話す場面で、三谷が出て行かない理由として『私が、前に私を監禁してたひとを殺したから』って言うんですが、すぐに小田が「そんなこと言わなくていい!!」ってさえぎってしまうので、そこんところが本当かどうなのかハッキリしないまま終わっちゃうんですね。
もし、殺していたとしたら、見城から電話がかかってくることはないわけだから・・・・・。

↑これとか、三谷を3人で演じる意味とか、観終わった後にイロイロ考えなくちゃいけないんだけど、これがメッチャクチャ楽しいんです。

23日までです。暗い話がOKな方なら、絶対に面白いと思いますので、オススメです。


アフタートークは主にお客さんと演出家・出演者の質疑応答でした。

モンキー・チョップ・ブルックナー!! 1回目 感想

2009/12/19 08:46
今日は奇跡的に興味をもってくれた友人と、『モンキー・チョップ・ブルックナー!!』を観にいきます。

楽しみっちゃあ楽しみなんですが、私にとっては面白くても、彼女にとっては面白くないかもしれない・・・・; という不安が消えないんですよね。

で、昨日行っちゃいました^^; トラム。
ソワレしかなかったんで、家族には「部活の打ち上げ」って言って、コッソリと。

~感想~
昨日はリハーサル(?)中に出演者が怪我をしたとかで、急遽演出変更するために開場35分押しの開演15分押し。
開演前に演出家さんから「ひとりが怪我しまして、恰好が変わってるんですけど、別に演出じゃないです」みたいな挨拶あり。
怪我したひとは車イスでやってたけど違和感ナシ。

説明的な台詞が多いけど嫌な感じはしないです。
前半は、「7月に観た『旅がはてしない』のほうが良かったかも」と思いましたが、クライマックス(私が勝手に思っている)からは凄かった~。


もっと書きたいことはあるんですが、それは今日観てきてからにします。
とりあえず、私はとても面白いと思ったので自信もって薦められます。良かった!!
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。