スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オペラ・ド・マランドロ』@東京芸術劇場中ホール

2009/07/27 19:06
これまでに、『ベガーズ・オペラ』や『三文オペラ』と沢山上演されてきた作品。
あんなんで恥ずかしくないのかしらビミョウ 元モー娘の石川さんとダイヤモンドドッグス(ダンス&歌の5人組ユニットだそうです)歌も演技も下手。とくにダイヤモンド~は滑舌も悪い。
それとも、まだ2日目だったからなのかな。。。。

~ここからネタバレ有り~
ストーリーは大体『三文オペラ』と同じ。最後がちょっと違います。
タイガー刑事(@石井さん)がマックス(@別所さん≒メッキー)を始末(処刑じゃなくて銃殺)することで、シュトリーデル夫妻(@杜さん、小林さん≒ピーチャム夫妻)はデモ(警察とならず者たちの癒着を訴えるもの)を中止する・・・はずが、浮浪者たちはデモを決行!
ここでシュトリーデル夫人役の役者が「台本と違うじゃない!?」と芝居を止める。「どうすんだよ?」となったところで作者=(マックス役)が「俺がキッチリしめてやるよ」と言って「マランドロ」(メロディーは「マック・ザ・ナイフ」)を歌う→フィナーレ    でした。

浮浪者たちがデモを決行したところになにか、メッセージがあるのかと思いきや・・・・
作者の言い訳は「なんか、みなさん盛り上がっちゃって^^;」というもの。
押さえつけられた人々の不満が満ちみちているのが『三文オペラ』だと思っているのですっごい拍子抜けしてしまいました。マックスもタイガー刑事もあんまり悪そうじゃなかったし。
あと、ミラーボールを使った演出があったけどさ、まさか宮本演出の真似じゃないよねあんぐり

フィナーレでは本物のサンバダンサーが登場して、別所さんがお客さんに「立って立って!」といって盛り上がるんですが、コレで誤魔化そうとしてるんじゃないだろうかえww なんか浅草のお祭りっぽくなっちゃってたし(=公=;)

1幕の最後に、舞台のはじでマックスがルー(@石川さん≒ポリー)と結婚したことを知って取り乱すマルゴ(@マルシアさん≒ルーシー)をタイガーが後ろから抱きしめて、よりを戻そう(元はタイガーの女だった)としているところとジェニー(@田中ロウマさん)が「梅毒でもなんでもよかった。オカマ以外なら」と歌う場面はそれっぽくて好きです。
ちなみにジェニーは、脱獄したマックスの居場所をタレこみするけれど、『三文オペラ』とは全く違うキャラクターで、マックスの仲間のオカマでした。

S席じゃなくて、A席にすれば良かったなえっ めちゃくちゃ楽しみにしてた分ヘコみかたも激しいです。
スポンサーサイト

ひょっとこ乱舞『旅がはてしない』 3回目♪

2009/07/21 21:39
そろそろ、最後の回が終わって1時間くらいだわ・・・。
ソワレも観たかったな。というわけで、3回目観てきました。
いいな~あんなに動けて。走るシルエットがすっごい綺麗キラキラ なんですよ。
セリフも印象的です。
百億ビョウ(物語の世界でのお金の単位)のティアラなんて見ても「綺麗だなー」とは思うけど、「これ欲しい!」とはおもわないだろう? 宝石に価値を与えるのは「手に入るかも知れない」の「かも」だ。もっと解りやすい例をあげてみようか、女だ。自分に見向きもしない女なら、無視することも簡単だ。だが、ひとたびその女がお前の隣に座って、手が届きそうに微笑みかけてきたら、、、もう無視なんか出来やしない。それと同じで、少し前までは他人の身体なんか手に入らなかったから欲望の対象にはならなかった。でも今は違う! お前等の身体は俺の予備軍で、俺の体も誰かの予備軍なんだ!!
一昨日も書いたけど、このストーリーの舞台では身体をアクセサリー感覚で切り売りしたり交換できることになっているので↑みたいなことを話しててもおかしくはないんです。

今、臓器移植のこととか話題になってるじゃないですか。だからこんな風になるのもそう遠くはないんじゃないか・・・・とか考えちゃって、このシーンが頭ん中グルングルンしてます。想像してみるとかなり怖いえっ
人と人のつながりとか、意識はそれだけで存在できるかとか、親子についてとか、テーマっぽいものが多すぎてどれがメインなのかは分からなかったけど、いまいち通じない部分もあったけど、そういうものを忘れるくらいのわけわかんない説得力に引っ張られながら観てました。

あっびっくり なんとなく、ではあるけども、やっとまとまった。
会場で感想書いたときに、これくらいまとまってくれれば良かったのにぃがっくり 3回も観て、3回とも感想書いたのに、全部まとまりのないことばっか書いちゃったよ・・・;

「旅がはてしない」@ひょっとこ乱舞 2回目!!

2009/07/20 19:12
なんなんだろう、あの感覚あんぐり?? 2回目だったので「どこが解らないのかが解らない」状態ではなくなったんだけど無言、汗
ずっと理解できると理解できないの間みたいで、すこーしずつ、なんとなーく謎が解けていくというか・・・観るほうは、どこでブチっと切られて「ハイ、ここで終わりなんです」って言われても「そうなんですか」って引き下がるしかない涙ので「今、次の瞬間、終わっちゃったらどうしよう」とドキドキしっぱなし。やっぱり、最後もなんか解らない感が残るんだけど、それは「解んなくてもいいんだコレは」って思えるもので、スッキリしないけれどこれ以上スッキリすることもない。というのが感想。
なんかもっと書きたいんだけど、書こうとすると逃げちゃうんですよ(泣) フッといろいろ浮かぶのに~!
明日も行きます羅琉 ニヤリ できればマチソワしたいところだけど、池袋だし、帰りが遅くなるし許可がでないだろうな。。。
<追記>
会場が小ホールに舞台を組み立てて、椅子(高そうな折りたたみ)を並べたものなんで、役者さん達がそろって走ったり、踊ったりすると、そのまま振動が伝わってきてさらにテンションあがります^^
ほんとにオススメです! 明日までです。


帰りに「悲劇喜劇」をもとめてジュンク堂という9階建て(!)の本屋に寄ったんですけど、演劇コーナーの戯曲の品揃えが凄かった!! なんとベガーズ・オペラの翻訳もあって、思わず「悲劇喜劇」を忘れてそっちを買って帰るところでしたww

買いはしたけれど、読むのはMY初日の後にしようと思ってます。今までは何か観るときには、しっかり予習して「根こそぎ持って帰ろう」としてたんだけど、自分の頭の中で作ってしまった世界と実際のお芝居との間に差があって、なかなかお芝居に入れなかったりしたこともあったので。
今回は↑の理由だけじゃなくて、もの凄く「まっさらな状態で観たい」と思ったからです。変にイメージを膨らませたくない。同じくらい内容も知りたいんですけどね顔文字 だからレポも戯曲も必死に我慢ですjumee☆Feel Depressed4

なんかすげぇ!

2009/07/19 23:00
今日は劇団ひょっとこ乱舞の『旅がはてしない』(@東京芸術劇場小ホール1)を観てきました!

『夏の夜の夢』のパック役のチョウ・ソンハさんが出てるんで観に行ったんですけど・・・
高校生以下は前売券で1000円に惹かれて予約したんですけど・・・^^;
こんなに余計なこと(セリフ聞き取れないとか、この登場人物は必要なのかとか)を考えないでお芝居を観たのは初めてビックリでした。
舞台はミネストローネという不思議な空間で、そこでは地上30cm以上90cm未満にだけ聴こえる音楽がながれている。アクセサリー感覚で自分の手足をバラバラに切り売りしたり交換したりするひともいる。キャラクターと呼ばれる、依頼主と体を入れ替えて嫌な仕事(ダイエット・試験etc...)を代わりにやる職業のひともいる。
ここをつくったのは誰なのか、何によって動いているのか・・・・
ストーリはこんなかんじ(?)です。
それがメインというのではないけれど、全員かなり踊ってます。走ってます。身体能力高かったです。

観終わって、凄くいろんなことを感じたような気がするんだけど全部がアワアワっとしてて頭のなかでまとまりません。「ココ(喉元)まで出かかってるんだよ! もう!!」って感じ。
よく解ったような気もするし、解らなかったような気もするし・・・スッキリとはしてないんですけど、ひとつだけ思ったのは「私、コレ大好きだ!」ということ。うん、書いてみてまた実感。凄く好きだわ。

12日に観たヘッダ・ガブラーの役者さんよりもこっちの役者さんたちの方がプロっぽかった。いわゆる小劇団のお芝居は初めてで、どんなものなんだろう? とイロイロ考えちゃってたものを全部ひっくり返されましたkao05

万人受けするとは思わないけど、というかかなり好き嫌いが分かれそうだけど、、、個人的には超オススメです!! あと、明日とあさって2公演ずつしかありません。とりあえず、あと1回観に行くつもりです。帰りに予約してきちゃいました。
当日券:一般3500円、学生2300円、高校生以下1300円、平日昼間(21日マチネ)3000円
前売券:すべて当日券-300円                                    です。
あと、感想を書いたら100円返ってくるシステムになってます。知らないで感想書いた紙を出したから、メチャメチャびっくりしました。
本当にオススメです! ひょっとこ乱舞HP

いよいよっ!

2009/07/16 22:43
明日ですね炎 『BLACK BIRD』初日ビックリ
もう、何度も繰り返し読み過ぎてインタビュー記事の載った雑誌がボロボロになりそう・・・汗とか 内野さんが出演される、ということを除いてもこんなに楽しみなのは初めて!!
ちょうどあのことのあった15年前のレイの年齢が今の内野さんと41歳(お誕生日迎えられてからですけど)同じなんですよね~びっくりここにも何か意味はあるんでしょうか? 自分はけっこうウーナと年齢が近いんで、いろんな意味でドキドキしてます。

MY初日は8月になってから(チケットの追加のし過ぎ防止;)なので、これから遅めの予習をしようと思ってます羅琉 ニヤリ 原書を買うか、早川の「悲劇喜劇」を買うか悩む顔文字
夏休みの宿題に“英語の本を1冊読んで、あらすじと感想をまとめる”っていうのがあったから原書のほうにしようかしら・・・。イヤ、宿題にするのは先生がびっくりしちゃうからやめとこう(^皿^;)

そういえば、まだ『ヘッダ・ガブラー』の感想書いてないや・・・。なので少しだけ↓
なんというか、私には感じるものがほとんど無かったんです; でも嫌いな訳でもなかったし。戯曲も購入して2,3回読んだんだけど感想らしい感想が出てこない。。。場面ばめんはハッキリと思いだせるんだけどなぁ。
繰り返し読んでいくうちに何か感じたらまた、書こうと思ってます。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。